給湯器

ガス式と電気式の違い

湯沸かし器

電気式は節約効果が大きい

給湯器はガス式と電気式に分かれますが、導入する際の費用はガス式の方が格安です。追い焚きがないタイプなら約10万円前後、追い焚きがあるタイプやエコジョーズなら、大体20万円から30万円以内でOKです。給湯器の機種代金と工事費込みでこの価格なので、経済的負担はそう大きくありません。一方、電気式給湯器は、設置費用がガス式より割高で、最初に100万円近いお金が飛んでいく可能性があります。ただし、電気式の給湯器はランニングコストが安く、夜間電力を活用する節約法など導入後のメリットも少なくありません。話題のエコキュートも光熱費の節約効果が大きく、電気代が1,000円台、2,000円台で済む可能性があります。どちらのタイプもメリットが違うので一概にどちらが優秀とは言えませんが、初期費用を安く済ませたいならガス式を選びましょう。導入後の節約効果に期待するなら、電気式がおすすめです。ちなみに、ガス式も電気式も地球に優しいお湯の沸かし方を工夫していますので、エコ性では引き分けです。エコジョーズもエコキュートも、家計はもちろん地球にも配慮したシステムを確立しています。海外からの評価も高く、どちらのタイプも利用する価値が十分にあるのでじっくり検討しましょう。また、給湯器は一軒家専用タイプとマンション専用タイプでは費用や取り付け方も若干異なります。具体的な金額は、自宅を見てもらった上で見積もりを出してもらう必要があります。